トラックバックとは

トラックバックとはの情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバックとは?


ランキングに参加しています。
応援おねがいいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



トラックバック(TrackBack)とは、
ブログ特有の機能の一つで、
他の人のブログの記事に
自身のブログへのリンクを作成する機能のことです。




またはトラックバック機能を利用する行為
そのものを指すこともあります。
この場合は、「トラックバックする」のように表現されています。

 


現在は後者の使われ方のほうが
より一般的になっている印象を受けます。



■概要
一般的にトラックバックとは、
他の人のブログの記事の内容を引用・参照した時、
あるいは他人のブログの記事が
自身のブログの記事と
関連性のある話題を書いている場合などに、



自身のブログの記事が引用・参照した事や
関連性がある事を通知する目的で行なわれるものです。
しかぢ、トラックバックの解釈については、
ブロガーの間でも相異があり、
意義や許容範囲に関する部分で食い違う事があります。



この機能を利用するためには、
自分のウェブサイトがトラックバックPingを送信でき、
且つリンクを作成したい相手のウェブサイトが
トラックバックPingを受信できる必要があります。



自身のウェブページのリンクや、概要を
載せたい相手のウェブページのトラックバックURLをコピーし、
自身のウェブページから
トラックバックPingを送信する方法が多いです。




トラックバック機能が出現する以前も
コメント欄や掲示板などに書き込んで
他人のウェブサイトにリンクを貼ったり、
自分のウェブサイトの概要を
まとめて通知する事はできました。




しかしトラックバックの機能は、
そのようなやり方に比べて、
かなり簡単にそれらと同じ結果が得られる点が、
非常に画期的であるとみられています。



トラックバックは、
ブログで使われることが一般的ですが、
最近ではブログ以外にも、
Wikiやニュースサイト、
掲示板などでも利用されています。




■ プロトコル
トラックバックに使用されるプロトコルは
RESTアーキテクチャを採用してしおり
また送信にはHTTPのPostメソッドが
返信にはXMLメッセージが使用される。




トラックバックする側の記事(参照する側の記事)の
ページからトラックバックされる
対象である記事(参照される側の記事)へ
送信されるリクエストは
トラックバックPingと呼ばれており、
この時トラックバックされる対象である記事(参照される側の記事)を
指定するために使われるURLは
トラックバックURLあるいは
トラックバックPing URLと呼ばれています。


■ サービス
ブログの世界では、
トラックバックに関するサービスがいくつかあります。
その中で、自分のブログをより多くの人に見て貰うための
様々なサービスがウェブには存在しています。



■ トラックバックサービス
トラックバックサービスは
ブログを更新するたびに特定のサイトに
トラックバックを送ることで
自分のブログを宣伝し注目度を高める効果が期待でき
SEO対策にもなります。




これらのサービスの中にはランキングシステムや
カテゴリ毎にトラックバックPing送信指定を
導入しているところもあり、
それによってさらにブログの宣伝をする効果が
期待できます。




特定の話題毎にトラックバック送信先を用意し、
その話題に関するブログ記事をリンクして、
一種のコミュニティを構成するようなサービスもあります。
また、にほんブログ村のように、
トラックバックスパムを減らすために
登録制にしてトラックバック送信先URLをブログ毎に
異なるものに変えているサービスもあります。



★アフィリエイト最新情報をチェックしよう




■ トラックバックツール
BlogPeopleが配布している「ぶろっぐぴんぴん」は
何らかの都合で、自分が運営しているブログのサーバが
トラックバックを送信できない場合に
便利なソフトウェアツールです。



このソフトウェアは、
自分がすでに投稿済みのブログエントリを
表示させた状態でブラウザのURL入力欄の
アイコン部分をマウスでを
そのソフトウェアの定められたヶ所にドラッグアンドドロップすると、
トラックバック送信元と、
送信元のエントリのサブジェクト(タイトル)を指定できます。



そして、トラックバックを送りたいブログページの
エントリを指定するか、
トラックバックを送りたいトラックバックサービスURLを指定します。




トラックバックの送り先がブログの場合、
そのブログページのURLをブラウザに表示させた状態で
そのURL入力欄のアイコン部分を
ソフトウェアの指定された部分にドラッグアンドドロップします。



すると、送信先のパーマリンクURLを指定しただけでなく、
送信先のタイトル、ping URLなどを指定できるのです。
これでトラックバック送信先が個人のページであっても
トラックバックスパムであると見なされずに済みます。
これを使うと、ブログを運営しているサーバの負荷を
分散させることもでき、
とくにトラックバック送信先が
たくさんある時は便利なツールです。




■トラックバックスパム
コンテンツの中身を参照せずに、
無作為もしくは機械的な手順によって
トラックバックをする行為を
トラックバックスパムと呼んでいます。
トラックバックスパムを行っているウェブサイトは、
アダルトサイトや商品販売を目的としているサイト、
アフィリエイトの効果を高める為に
行なっているサイトなど、様々です。



中でも被リンクを増やし、
SEO対策の一環として行われることが
一番一般的です。





「トラックバックは、記事参照を通知する為の機能だ」
と考えている人の中には、
その人のウェブページを参照していなかったり、
あるいは参照しているページへのリンクが
貼られていないウェブページからのトラックバックを、
「トラックバックスパム」とみなす人もいます。




トラックバックを打つときは
トラックバックスパムとみなされることのないよう、
十分にマナーを守りましょう。




■トラックバックスパムへの対策
トラックバックスパム対策として、
各ブログサービスは様々な機能を提供しています。
例を挙げると、下記のようなものがある。

★ブログの管理者が承認しない限り、
 トラックバックの結果を表示させない。

★DNSブラックリストやURLブラックリストに
 載っているトラックバックを禁止する。

★特定のURLからのトラックバックを禁止する。

★特定のIPアドレスからのトラックバックを禁止する。

★特定のキーワードを含むトラックバックを禁止する。

★特定の文字コード以外のトラックバックを禁止する。

★慣用では半角英字を禁止する。
 これにより英字トラックバックできなくなります。
 ただし、こちらの昨日は日本語、中国語等のスパムには無力です。

★URLを自動リンクしないか、してもrel=nofollowしておく。

★自動トラックバック用のURLを記述しない
 (当然自動トラックバックできなくなる)

★各種ブログサービスやブログツールが提供する
 ブラックリストプラグインを使用して
 スパムを自動的にスパムリストに移動し
 トラックバックの結果表示を保留する
 (例: Movable TypeのMTBlackListプラグインなど)

★大量にトラックバックを送ってくる
 ウェブサイトなどに対しては、
 ブログサービスを提供している会社がまとめて
 受信拒否したり、
 あるいはそのウェブサイトからの
 トラックバックを削除してしまう場合もあります。




また受信側ではなく送信側への対策としては
以下のようなものがあります。




★誘導先サイト/ページのホスティング運営者に通報

★トラックバック発信元ISPに通報

★アフィリエイトASPに通報



■ トラックバックの意義についての考え方の相違
「どういったケースに、トラックバックをすべきか?」
「トラックバックが認められるのは、どのようなケースか?」
という点については共通認識と言えるものがありません。



また意見の相違を反映してか、
ブログサービスの提供会社の
トラックバックに関するガイドラインもまちまちです。
そのため利用者が自分の考えに基づき
トラックバックを行った時に、
その是非をめぐって論争が起こる事もあります。



この点についてのトラックバックに対する考え方は
主に次の2つに分けられています。

★記事参照通知を重視する考え方。
 「トラックバックとは、『あなたの記事を参照(または引用)して記事を書きましたよ』と伝える ための機能である」という考え方。


 このような考え方を持っている人からは、
 トラックバックをする場合には
 トラックバック先の記事を参照して記事を書いていることが、
 当然の前提とされます。
 また「参照していることを明確にすべきだ」として、
 参照元へのリンク(言及リンク)を貼る事を求めるられることもあります。



★関連性を重視する考え方。
 「トラックバック元の記事は、トラックバック先の内容を参照して作成されている必要はなく、 関連のある記事内容であれば構わない」という考え方。

 

 そのため参照元のリンクを貼る事も
 特に求めないことが多いです。





最後まで読んでくださりありがとうございます。
商材購入事前相談は
メールにて受け付けております。




「流・流め、がんばっとるな。」というあなたの応援が
流・流の励みです^^  くりっくぷりーず♪
ブログランキング・にほんブログ村へ




          日給8万円への第一歩
          ↓  ↓  ↓

    SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート    集まる、売れる、情報起業家のためのインフォストア




        ◆◆超速で稼ぐ秘密見る?◆◆



       情報商材ライブラリーTOPページへ





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
トラックバックの記事を書きましたので、
トラックバックをお願いしようと思ったのですが
受け付けておられないのですね
詳しく書かれておられるので、
興味を持ちました
また寄せていただきます
応援させていただきました
2008/04/24(木) 20:42 | | 【ふろいで】 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。