FC2ブログ

RSSとは? 知らないでは済まされないRSSをガッツリ理解する

RSSとは? 知らないでは済まされないRSSをガッツリ理解するの情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSSとは?


ランキングに参加しています。
応援おねがいいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ




あなたは自信を持って答えられすか?
答えられるあなたにこの記事は不要です。



???のあなたは必ず読みましょう。
もう分からない、知らないでは済まされませんよ。




RSSについて調べてみました。
↓↓↓

RSSは、ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称である。


★概要
RDF Site Summary(RSS 0.9とRSS 1.0)
Rich Site Summary(RSS 0.91)
Really Simple Syndication(RSS 2.0)
上記の様に"RSS"という語には、名称の異なる複数の規格が存在しており、それぞれ記述方法や用途が異なるために、多少の混乱が見られる。

日本語サイトでは、普及しているRSSのほとんどがRSS 1.0を用いているため、一般には、RSSはRDF Site Summaryとして認識されている。RDFとはResource Description Framework の略である。

ウェブログでの更新情報の配信として用いられている場合が大半を占めているが、新聞社などのニュース配信サイトでは最新ニュースを、テレビ局・ラジオ局では番組情報を、その他各種企業においてプレスリリースや新製品情報、サポート情報を、RSSを使ったヘッドライン情報として配信する事例も増えている。また、音声データファイルを公開するための方法であるポッドキャスティングにも使われている。

また、RSSに対応しているウェブサイトではRSSに対応していることを明確にするためにや、などの画像が使われていることが多い。


★ RSSフォーマットの歴史と変遷

【RSS 0.9】
最初のRSSであるRSS 0.9は、RDF Site Summaryとして、1999年に米国ネットスケープコミュニケーションズが自社のポータルサイト「My Netscape」において、「チャンネル」の詳細を記すために策定したものである。RDF構文を用いたことから、RDF Site Summaryと呼ばれる。

その後ネットスケープコミュニケーションズはRDF構文の利用を止め、独自のXMLフォーマットを用いて要素を拡張し、よりリッチな情報を提供できるようにしたRSS 0.91を開発した。


【RSS 0.91】
Rich Site Summaryと改名されたRSS 0.91は、RSS 0.9に要素を拡張する目的で作られた。RDFを用いず、独自のXMLで記述される。

UserLand SoftwareのScriptingNewsから著作権、日付情報などいくつかの要素を取り入れ拡張された。それまでのRSS 0.9より多くの情報を配信できるようになったため、Rich Site Summaryと呼ばれ、その後派生したRSS 0.92, RSS 2.0のベースとなっている。

RSS 0.91の登場以降、RSSが持つ「コンテンツ配信」機能に対しての需要がさらに高まった。そのためよりリッチなコンテンツ配信を目指そうとする制作者が、独自の要素をRSSに追加してしまうなど、フォーマットの拡張における混乱がおこることとなった。


【RSS 1.0】
こうした混乱のなかで、RSSでよく使われる語彙や使われる要素群を「コア」として定義し、それ以外は拡張する側が独自の語彙を「モジュール」として定義することで、中核語彙と拡張性を保証させようとする提案がRSS-DEVワーキンググループ内で起こり、その成果として2000年12月にRSS 1.0がリリースされた。

RSS 1.0は0.9時代につかわれていたRDFを再び採用し、RSSが持つ「メタデータ記述」としての側面を主眼に置いたフォーマットとなっている。

また、RSSコアモジュールの他に公式なモジュールとして、Dublin Coreモジュール、Syndicationモジュール及びContentモジュールが定められた。これによりRSS 0.9の不満であった語彙の乏しさを解消させ、またコンテンツ配信手段としてRSS 1.0を採用する道を残すものとなった。

RSS 1.0の登場は、(メタデータ記述技術としての)RSSの中核語彙及び拡張性を保証するとものとなった。しかしRDFを再び採用したこと、モジュールによるXML名前空間の複雑化はすべてのRSS配信者を満足させず、RSS 0.91系のフォーマットを拡張する動きが再びみられることとなった。


【RSS 0.92 / RSS 2.0】
RSS 1.0の取る道は必ずしも誰もが好むものではなかった、とはいえRSS 0.91以降に起きていたフォーマット拡張の混乱は避ける必要があった。そのため拡張をオプションとして提供し、かつRSS 0.91への互換性を持たせる方法が提案され、それを受けて2000年12月にUserLand SoftwareからRSS 0.92が発表された。

UserLandはその後も互換性を維持したままRSS 0.93, RSS 0.94という拡張を続けたが、2002年8月にRSS 0.91からRSS 0.94までのすべてのフォーマットに対する互換性を保証したRSS 2.0を策定し、これをReally Simple Syndicationと名付けた。

RSS 2.0はあくまで0.9x系の流れを汲む規格であって、RSS 1.0の後継ではない。それぞれの目指す方向性は同じではないため、場面に応じて使い分けられている。

2003年7月に、RSS 2.0制定の中心人物、デイヴ・ウィナー(Dave Winer)の移籍と併せ、仕様もハーバード大学ロースクールのバークマンセンターに移管された。





★ 今後の展望
RSS 1.0とRSS 2.0の関係について、バージョンを表す数値の大小関係から、前者が旧規格で後者が後継規格であるという誤解が見受けられるが、これは事実ではない。RSS 2.0はシンプルさの代償としてRSS 1.0の備える(RDFによる)強力な表現力を放棄したため、RSS 1.0を置き換えるものではない。従ってRSS 1.0は場面に応じて今後も継続利用されていくと目される。

一方、RSS 2.0に代わるコンテンツ配信技術として、IBMのSam Rubyなどが中心となり、Atomと呼ばれる新しい規格が策定された。Atomにはウェブログ・ツール「ムーバブル・タイプ」(Movable Type)の開発元のSix Apart社やスタンフォード大学法学部のローレンス・レッシグ教授、XML開発者のTim Brayなどが支持を表明し、またGoogleも自社のサービスGmailにて、メールの内容をAtomフィードで提供するサービスを行っている。新しいフィード技術Atomと、現行のRSSとの対立によりさらなる混乱が予想される。


★ なんでもRSS
なんでもRSSというサービスを利用するとRSSに対応していないサイトの更新情報をフィードの形で確認することができる。


★ RSSの利用
RSSの取得・購読にはRSSリーダー(フィードリーダーとも)と呼ばれるソフトウェアを使う。また、RSSを作成・追加するためのソフトウェアもあるが、比較的シンプルなXML形式なので手作業でも可能である。


★関連項目
Resource Description Framework(RDF)
フィード
Atom
フィードリーダー
なんでもRSS
XML



★アフィリエイト最新情報をチェックしよう



おおおぉ~
すごいですね~


全部読まれました?
これでガッツリ理解できたことでしょう。



の、はずありませんよね。
私ならこれだけ文字がずらーっと並んでいる文章は
はじめから読みません(汗)



読んだとしても完全なる斜め読みです。
理解しようという気持ちは
この、文字がずら~ で、
あっけなく吹っ飛びます(汗)



きっとあなたも私と同じ穴のムジナ。
勝手に決めるな!という声はこの際無視します(笑)




この理解力に乏しいと自他ともに認める
わたくし、流・流が
とんでもなく間単に、
そう、流行の「猿でもわかる」ように説明してみたいと思います。




これで理解できなければ
ちょっとヤバイですよ(笑)




では、いきます。
ちょっと長くなりますお付き合いください。



RSSというのは、




サイトの更新情報を公開する機能のことで、
ユーザーはこれによりお気に入りのサイトが、
更新されたときに、




「更新されました。」
という情報を受け取ることができる優れものです。




インターネットユーザーにとっては
とても便利なシステムですね。




そして、このRSSを攻略することは、
私たちブログ運営者にとっても
大変意味のあることなのです。




超爆裂!大逆転アフィリエイト」の著者でもある
インフォ侍さんも、
爆転」の中でその重要性について
書かれています。




RSSRSSリーダーというツールにより
知りたいサイトの更新情報を受け取ることができます。




知りたいサイトの最新情報が知りたいなんて、
あなたのブログの大ファン以外の何者でもありません。




あなたの大ファンですから、
そこから来るアクセスは、いわゆる
『濃いアクセス』ということになります。




また、
あなたがこのツールを使う立場でも
もちろんメリットはあります。




知りたいブログの更新情報が分かっていれば、
コメント回りで訪問した際、




更新がまだというブログに
出会ってしまうことがなくなります。




こういうブログに出会ってしまったら、
また時間を見計らって




再度訪問するという手間が省けます。
これだけでコメント回りの時間を
短くできるわけですね。




また更新情報がいち早く分かれば
コメントに一番乗りできる可能性が高くなりますね。
一番乗りということは
人目につきやすいということです。




この後のことは全てを語らずとも
お分かり頂けると思います。
これだけでも私なら登録します。




RSSリーダーは濃いアクセスを
引っ張ってきてくれますから、





あなたのサイトのRSS
他のサイトが貼り付けてくれていたら、





そのサイトからも
濃いアクセスが期待できるようになります。




このようにRSSには、
限りない可能性が隠されているのです。



頭の中がグルグルしてきたあなたのために・・・。




RSSとは、

次世代型の“お気に入り”機能です。





最後まで読んでくださりありがとうございます。
商材購入事前相談は
メールにて受け付けております。




「流・流め、がんばっとるな。」というあなたの応援が
流・流の励みです^^  くりっくぷりーず♪
ブログランキング・にほんブログ村へ




          日給8万円への第一歩
          ↓  ↓  ↓

    SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート    集まる、売れる、情報起業家のためのインフォストア




        ◆◆超速で稼ぐ秘密見る?◆◆



       情報商材ライブラリーTOPページへ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。