[その他]用語集

[その他]用語集の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アフィリエイトとは?



ランキングに参加しています。
応援おねがいいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ




フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)で
検索すると以下のように出てきました。




成功報酬型広告(せいこうほうしゅうがたこうこく)またはアフィリエイト・プログラム (Affiliate Program) とは、特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告によってウェブサイトの閲覧者が広告主の商品あるいはサービス等を購入し、生じた利益に応じて広告媒体に成功報酬を与える一連の形態をさす用語。


これらは、広告提供者(クライアント)がアフィリエイトプログラムを提供する広告企業であるアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)に依頼して広告を出す場合と、オンライン販売や電子商店街などインターネット上で商品やサービスを提供する企業ないし、それら電子商店のシステムを提供している企業そのものが設置している広告形態の二種類に大別される。アフィリエイト・サービス・プロバイダに至っては勃興が激しく、またポータルサイト運営企業などが副業的に提供している場合もある。

これらでは、広告掲載場所を特定する識別子がリンク中に埋め込まれており、リンククリック時に識別子がASPに送信され記録される。そうして実際に売上が出た際には広告掲載側に成功報酬が支払われる。これらASPには大小さまざまな企業が存在するため列挙は割愛するが、各々の広告リンク設置により成功報酬を望む側は、それらASP側と契約する形でバナー広告を設置、それぞれのリンクへと誘導する。

こういったサービスには従来のパソコン向けのほかに携帯電話向けのサービスもでており、携帯電話向けのサービスでは比較的成功報酬の額が高いともされているが、逆に表示量的にも限定される携帯電話でのオンライン販売はパソコン向けオンライン販売よりも限定的であるなどの傾向もある。なお物品やサービスの販売以外でも、メールマガジンの登録や、特定サイトの無料会員募集などといった直接的に広告閲覧者と広告主側に金銭のやり取りが無い場合もある。

ただ最近では、アフィリエイトのリンクであることを隠してサイト閲覧者を騙す形で所定サイトへ誘導するウェブサイトの横行や、または広告を貼らずに金銭を請求する行為、更には自らのサイトに閲覧者を呼び込むために検索エンジンスパムやマルチポストを働くものなど、問題行動を起こす広告サイト設置者までおり、こういった問題サイトのグーグル八分など検索エンジンから除外する対策を行う検索サイトも出るに至っている。




成功報酬型広告ですから
あなたが売りたいと思った商品や情報を
ブログやHP、メルマガ等を使って
宣伝し、その商品や情報が売れたときに
その広告宣伝費として
商品(情報)の販売元から
報酬が支払われるシステムです。





ですから決して怪しい商売ではありませんし、
れっきとしたインタービジネスです。



★アフィリエイト最新情報をチェックしよう





リアルビジネスとの大きな違いは
アフィリエイトの場合は




元手(開業資金)が必要ないというところと、


在宅でできるということろです。




ですから主婦(私もです^^)や
サラリーマンが副業で参入しているケースが
多いというのがうなづけますね。



アフィリエイト稼業の実態】
NPO法人アフィリエイトマーケティング協会発行の「アフィリエイト・プログラム意識調査2005」によると、アフィリエイターの七割の月収は1000円以下で、毎月3万円以上稼いでいるアフィリエイターは全体の2%以下である。アフィリエイト稼業が如何に厳しいか伺える。

しかし、アフィリエイトのみで生計を立てている法人、個人もいるので、儲からないと言うのは早計であるが、統計的に見ると極めて限られた法人、個人のみと言える。アフィリエイトを始めれば儲かる、という状態ではない。




この事実は粛々と受け止めなければいけません。
しかし、やり方さえ間違わなければ
稼げるようになるというのが
私の個人的な意見です。




私も勉強のためにいろいろなブログを
拝見させていただいておりますが、
正直、間違った方法でアフィリエイトしている方が
結構多いです。




間違った方法でアフィリエイトをしても
稼げません。
そのことに気づき、軌道修正をすれば
あなたも稼げます。





ただ、アフィリエイト稼業に参加すること自体が、無料ブログサービスなどに申し込み、ASPに申し込むだけで始めることができ、始めるにあたり敷居も低い点がアフィリエイトを行うユーザーの数的な増大を招き、このような数字になった…という可能性もあり、この辺りは様々なASPが存在してもいることから、その各々のユーザー意識レベルにも絡んで不明である。

一部ではアフィリエイトを専業とし、SEO(Search Engine Optimization:サーチエンジン最適化など)行うものや、或いは良質なコンテンツを制作することでリピーターを十分に呼び込んでいるサイトというのも存在しないでもない。ただSEOは一歩間違えると検索エンジンスパムと同列にみなされる手法も含むため、利用者に不快感を催させないためにも注意は必要である。




これも粛々と受け止めましょう。
何事にもマナーやルールはありますから。





アフィリエイト稼業の動向】
インターネットが普及しアフィリエイトサービスが始まった初期には、バナー広告を設置すれば高い確率でクリックされ、比較的簡単に報酬を得ることができた。これには当初、ものめずらしさでついクリックしてしまう人がいたのと同時に、個人が設置したウェブサイトにバナーがあると、閲覧者も大抵はある程度交流のある人の場合も多く、またクリッカブル広告をクリックすることで閲覧者がサイト設置者にサイトの存続を望んでいるという合図にもなったなどの事情も含んでいた。ことメールマガジンやアンダーグラウンドなウェブサイトでは、そういったクリックしてコンテンツ提供者に「投げ銭」することを正当な行為とみなす「伝統」すら見られた。

しかし2000年現在では、インターネット利用者がインターネットの仕組みに慣れバナー広告が明らかに広告であると認識されていることや、インターネット全般に於いて迷惑メールを含む広告の氾濫にユーザーがうんざりしていることもあり、バナー広告自体が、非常にクリック率が低い状態にある。初期には数十パーセントほどのクリック率を上げていたが、現在では、よほど工夫しない限り1パーセントに満たない。

こういった事情もあってバナー広告が非常にクリック率の低い状態にあるため、クリック率を上げる方法として、現在では主に、文章などの中にアフィリエイト広告のテキストリンクを含める、などの方法などがある。ただその一方では、こういったアフィリエイト指向の強いサイト運営者を騙すような悪質な広告主も登場しており、「セキュリティソフトウェアのアフィリエイト」と称して掲載された広告により、セキュリティ対策ソフトウェアの押し売りといった問題も発生している。




上記のことからも分かるように
アフィリリンクをどうやって
踏んでもらうかの工夫は必要です。




バナー広告をべたべた貼っただけの
ブログこそ大間違いのブログです。
あなたのブログは大丈夫ですか?





アフィリエイトの利点】
広告主側からすると、対費用効果が一目瞭然で分かり、更に費用に見合わないと判断すれば、途中での契約停止が可能と言う他の媒体を使った宣伝方法とは異なる利点が挙げられる。 これにより自己が想定する範囲内での広告宣伝が行える。

また、数千を超えるサイトが宣伝してくれる可能性もあり、販売チャンスが増え、かつ、売れなければ費用も殆ど発生しないと言う、かなり広告主には有利な金額体系でもある。 更に、一部のASPを除き、自己でアフィリエイターへの報酬金額を決定出来る仕様であり、この報酬金額自体も途中変更が可能である。

その他に、あらゆるジャンルのアフィリエイターが存在する為、商品そのものが売れなくても、ネット内での自己の商品、サービスを認知させる事も可能となる。また、マーケティング手段として利用している広告主も存在する。

上記利点が複数存在する為、アフィリエイトを利用しようとする広告主は増加の一途を辿っている。

アフィリエイター(広告掲載側サイト)の利点は、仮にサイト閲覧者が広告に応募した場合、自己へ収入が帰ってくる「可能性」がある。これによって、サイトを更新、修正、変更するモチベーションを保っている人間も多数いると思われる。

非常に限定的な、稀なケースではあるが、アフィリエイトで生計を立てている人間もおり、中には個人で始めて、法人化して成功を収めているサイトもある。



【アフィリエイト報酬の種類】
アフィリエイトによって得られる報酬は主にクリック報酬と成果報酬の2つがあり、クリック報酬は、バーナー、テキストリンク等の、アフィリエイトタグのクリックされた回数によって、報酬が決まり、成果報酬では、サイトより商品が売れた場合、あるサービスに関してアクセスした訪問者が、そのサービスに申し込んだ場合に報酬が支払われる。




クリック型報酬の代表的なものといえば
アドセンスです。




アフィリエイトの問題点】
アフィリエイトは商品情報を伝達する優れたシステムである一方でいくつかの問題を抱えている。まず、宣伝と記事の境があいまいとなり、一方的な宣伝を消費者が宣伝と気がつかないうちに読んでしまう恐れが大きい。また、明らかにこのようなあいまいさを悪用したサイトも多く見られる。次に、アフィリエイトの募集をティアとよばれるシステムをつかって鼠算的におこなうことによって、実際にはアフィリエイト収入が保証されるわけではないにもかかわらずそのことを偽った募集や、架空商品とアフィリエイトシステムを利用したネズミ講などの温床となっている。

販売収益の一定割合がアフィリエイト側の収益となることが、大げさまたは不正確な表現を用いて購買を促すインセンティブとなりうることも問題をはらんでいる。現実にアフィリエイトを行うサイトが無数に存在することや、その媒体がブログなど入れ替わりが早いものが中心であることから、明らかな詐欺や薬事法違反などが合った場合にもその取締りは困難である。 このような問題点に対し、業界団体である日本アフィリエイト・サービス協会はガイドラインを出し、適切なアフィリエイトプログラムの運用を呼びかけている。

なお、報酬を目的とする架空注文は、電磁的記録不正作出・同供用となる。

また、複数のブログと契約し、広告主企業の商品をあたかも該当ブログ管理人が気に入って宣伝したかのように見せかけ、広告主から広告宣伝料を徴収するような手法や仲介業者が氾濫しつつあり、そのような事情から情報媒体としての価値が低下しつつある。

その他にも、SEO(Search Engine Optimization:サーチエンジン最適化)を駆使し、アフィリエイト付き所有サイトの検索表示順番を意図的に引き上げる手法などが確立されており、俗称検索エンジンスパムとも呼ばれる。また、プログラムによって文章やサイトを量産し、検索エンジンに登録されるページ数を増やしてアクセスを集める方法なども行われている。

さらに、報酬目的で不正に特定作業を行い、報酬を得るような悪質なサイトもあるとされる。(クリック報酬を得るために、独自のプログラムによりクリック数を上げる等)

検索エンジンサイト各社ではプログラムにより作られた、内容に意味の無い文章だけのアフィリエイト広告を表示するためだけのページや、プログラムを利用した単語の繰り返し、アフィリエイト広告だけが載っているようなページを意図的に弾く仕組みを構築している。 (プログラムにより作られた内容に意味の無い文章だけのブログもあり、それらはスパムブログ、またはスブログなどという名前で呼ばれている。)

検索エンジンサイトGoogleでは、アフィリエイトを行っているからといって、サイトを検索エンジンのインデックス(登録)から弾くことはないが、内容のない(スパムブログ等)は検索エンジンにインデックス(登録)しないと公式に表明している。

海外ではこのアフィリエイト報酬を得るためのスパムブログが非常に問題になっている。ロボット型検索エンジンでは人間ではなく、コンピューターがページを読み取っている。そのためプログラムによって作られた、文法上は正しいが意味のまったく無い文章を通常の文章と見抜くことができず、検索結果に意味の無いページが表示されてしまう。(近年は検索エンジンシステムの性能が上がり、見抜けることも多くなってきた。)

日本でもこのようなプログラムは一般向けに数千円~数万円で販売されており、簡単に購入できる状態にある。

また、オーバーチュア、グーグルアドワーズ等の検索エンジン広告を用い、アフィリエイトサイトを商品の販売元サイトのように見せかけ集客し、アフィリエイト報酬を得ようとするなどの行為もあり、これらの行為はASPではなく、ASPに広告を出稿している企業が直接禁止している場合が多い。

ただ、上記の様なアフィリエイト広告を掲載する側の問題点の他にEC、広告主と呼ばれる広告出稿側の不正も存在する。一方的な広告掲載側の不正だけが問題とされる訳ではなく、広告主による不正も存在する。具体的な広告掲載側の不正行為として、以下のようなケースが挙げられる。

商品、サービスが成約したにもかかわらず、報酬としてカウントされない
報酬としてカウントされたあと、その報酬が支払われない
ただこれらは、「内部規定に照らし合わせて不当な請求だったため」などの理由付けが行われることも多く、果たしてどのような内部規定だったのかも不明確となりがちな可能性を含んでいる。この広告主側の不正に関してはASPですら及び腰であり、このような場合、広告掲載側は一方的な不利益を蒙る可能性があるといえよう。

特に悪質な広告主の中には申し込み数に対して報酬支払いの割合が常に数%台という極めて不正が疑わしいケースも存在する。これは100件の申し込みに対して数件しか受付してないということである。これで経営が成り立つ会社は極めて稀である。またこのような極めて不正が疑わしい広告主になんら対応をしないASPにも問題がある。

ASPの中には、問い合わせメールの回答者は誰か質問しているにもかかわらず、回答者の名前を知らせることすらしないところもある。通常のビジネスの常識では有り得ないことであり、不透明な業界の体質の一端を垣間見せているといえる。

アフィリエイト広告掲載側にできることは、広告を張る前に広告主のサイトをチェックし、アフィリエイト報酬支払いの逃げ道を作っていないか調べ、もし逃げ道が存在していたならASPに不正を通報する等の対策がある。広告主側による広告掲載側へのアフィリエイト報酬支払いの逃げ道を発見した場合、不正を通報する事をうながし、不正をなくそうとしているASPも一部ある(現在、このようなASPは非常に少ない)。

このような状態であるので、広告主よりアフィリエイト広告掲載側のほうが現在では立場が弱いといえるかもしれない。

また、過去は「1私企業の広告主側→ASP→広告掲載サイト群」と言う流れでネット広告その物は供給されていたが、現在は「広告代理店→ASP→広告掲載サイト群」と言う流れになりつつある。広告代理店はテレビ局などのCM、CFなどを手がけるような有名な企業が主に行っている。このような広告代理店のネット広告への影響が急拡大しつつあり、寡占化が急速に進行している。




アフィリエイトの問題点も
さまざまありますね。




でもわたしやあなたがマナーやルールを守り
誠意をもって取り組むことで
アフィリエイトの地位向上は果たせると信じています。




なんでもありの無法者は
必ずしっぺ返しを喰うでしょう。




なぜあなたはその商品を売りたいのか。
「お金儲けのため」
という答えしかないあなたは
アフィリエイトは無理です。




なぜ売りたいのか、
なぜ紹介しているのか、




ここにアフィリエイト
稼ぐ秘密が隠されています。




あなたは分かりますか?
.




最後まで読んでくださりありがとうございます。
商材購入事前相談は
メールにて受け付けております。




「流・流め、がんばっとるな。」というあなたの応援が
流・流の励みです^^  くりっくぷりーず♪
ブログランキング・にほんブログ村へ




          日給8万円への第一歩
          ↓  ↓  ↓

    SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート    集まる、売れる、情報起業家のためのインフォストア




        ◆◆超速で稼ぐ秘密見る?◆◆



       情報商材ライブラリーTOPページへ







スポンサーサイト
あなたのブログは稼げていますか?
もし稼げていないのなら
何が原因で稼げないのか
検証してみましたか?



ランキングに参加しています。
応援おねがいいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ




検証することは
ブログ運営においてとても重要です。
ここをおろそかにすると
いつまでたっても稼げるようにはなりませんよ。




これは私が私の師匠から
叩き込まれたことです。




検証せずにただただ毎日の作業を
繰り返しているだけでは、
せっかくの作業(苦労)が
徒労に終わってしまいます。




稼いでいる人はみんなここをしっかり抑えています。



★アフィリエイト最新情報をチェックしよう




稼げていない理由は何なのか?




今日はその原因のひとつを
特別に教えます。




それは、

相互リンク

です。




あなたが何かしらの
情報商材をお持ちであれば、
その商材がよほどのへっぽこ商材でない限り、




相互リンクの重要性について
書かれていることでしょう。




他のサイトにあなたのブログが
リンクされていることは、
検索エンジンの上位に表示される
とても大きな要因です。




あなたがよほど稼いでいて、
誰からも尊敬されるトップアフィリエイターなら
誰もがこぞってあなたのブログ
リンクしてくれるでしょう。




でも作りたてのブログであれば
そういうわけにはいきません。





では、どうするのか。





あなたから他のブログ
相互リンクのお願いをする。




これしかないですね。




でも相互リンクのお願いをするのは
なかなか勇気の要ることです。
特に作りたてのブログでは
コンテンツも充実していなければ、
まさかブログランクもついているはずありません。




そういったブログでは
相互リンクに応じていただけない
場合がしばしばあります。




これはへっこうへこみます。
モチベーションがた落ちです。




だからといって
コンテンツもない、ランクもない
あなたと同じようなブログ
むやみやたらに相互リンクするのは
ただの傷の舐めあいでしかありません。






だったらどうしろっていうの~!!?







はい、だったらこうしましょう。

無料レポート
「あれを使って上手に相互リンクを
増やすヒ・・ミ・ツの方法」





ステキな來夢ねえさんが
楽々相互リンクを増やす方法を
優しく教えてくれています。




相互リンク
の件は
毎日の作業に忙殺されていると
ついつい後回しになってしまったり、
ひどいときにはすっかりその存在さえ
忘れてしまっていたりするものです。





でも決しておざなりにしては
いけない項目です。





検索エンジンの上位表示を目指すなら、
稼ぎたいのなら、


ここは來夢ねえさんに頼ってみましょう。





最後まで読んでくださりありがとうございます。
商材購入事前相談は
メールにて受け付けております。




「流・流め、がんばっとるな。」というあなたの応援が
流・流の励みです^^  くりっくぷりーず♪
ブログランキング・にほんブログ村へ




          日給8万円への第一歩
          ↓  ↓  ↓

    SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート    集まる、売れる、情報起業家のためのインフォストア




        ◆◆超速で稼ぐ秘密見る?◆◆



       情報商材ライブラリーTOPページへ









トラックバックとは?


ランキングに参加しています。
応援おねがいいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ



トラックバック(TrackBack)とは、
ブログ特有の機能の一つで、
他の人のブログの記事に
自身のブログへのリンクを作成する機能のことです。




またはトラックバック機能を利用する行為
そのものを指すこともあります。
この場合は、「トラックバックする」のように表現されています。

 


現在は後者の使われ方のほうが
より一般的になっている印象を受けます。



■概要
一般的にトラックバックとは、
他の人のブログの記事の内容を引用・参照した時、
あるいは他人のブログの記事が
自身のブログの記事と
関連性のある話題を書いている場合などに、



自身のブログの記事が引用・参照した事や
関連性がある事を通知する目的で行なわれるものです。
しかぢ、トラックバックの解釈については、
ブロガーの間でも相異があり、
意義や許容範囲に関する部分で食い違う事があります。



この機能を利用するためには、
自分のウェブサイトがトラックバックPingを送信でき、
且つリンクを作成したい相手のウェブサイトが
トラックバックPingを受信できる必要があります。



自身のウェブページのリンクや、概要を
載せたい相手のウェブページのトラックバックURLをコピーし、
自身のウェブページから
トラックバックPingを送信する方法が多いです。




トラックバック機能が出現する以前も
コメント欄や掲示板などに書き込んで
他人のウェブサイトにリンクを貼ったり、
自分のウェブサイトの概要を
まとめて通知する事はできました。




しかしトラックバックの機能は、
そのようなやり方に比べて、
かなり簡単にそれらと同じ結果が得られる点が、
非常に画期的であるとみられています。



トラックバックは、
ブログで使われることが一般的ですが、
最近ではブログ以外にも、
Wikiやニュースサイト、
掲示板などでも利用されています。




■ プロトコル
トラックバックに使用されるプロトコルは
RESTアーキテクチャを採用してしおり
また送信にはHTTPのPostメソッドが
返信にはXMLメッセージが使用される。




トラックバックする側の記事(参照する側の記事)の
ページからトラックバックされる
対象である記事(参照される側の記事)へ
送信されるリクエストは
トラックバックPingと呼ばれており、
この時トラックバックされる対象である記事(参照される側の記事)を
指定するために使われるURLは
トラックバックURLあるいは
トラックバックPing URLと呼ばれています。


■ サービス
ブログの世界では、
トラックバックに関するサービスがいくつかあります。
その中で、自分のブログをより多くの人に見て貰うための
様々なサービスがウェブには存在しています。



■ トラックバックサービス
トラックバックサービスは
ブログを更新するたびに特定のサイトに
トラックバックを送ることで
自分のブログを宣伝し注目度を高める効果が期待でき
SEO対策にもなります。




これらのサービスの中にはランキングシステムや
カテゴリ毎にトラックバックPing送信指定を
導入しているところもあり、
それによってさらにブログの宣伝をする効果が
期待できます。




特定の話題毎にトラックバック送信先を用意し、
その話題に関するブログ記事をリンクして、
一種のコミュニティを構成するようなサービスもあります。
また、にほんブログ村のように、
トラックバックスパムを減らすために
登録制にしてトラックバック送信先URLをブログ毎に
異なるものに変えているサービスもあります。



★アフィリエイト最新情報をチェックしよう




■ トラックバックツール
BlogPeopleが配布している「ぶろっぐぴんぴん」は
何らかの都合で、自分が運営しているブログのサーバが
トラックバックを送信できない場合に
便利なソフトウェアツールです。



このソフトウェアは、
自分がすでに投稿済みのブログエントリを
表示させた状態でブラウザのURL入力欄の
アイコン部分をマウスでを
そのソフトウェアの定められたヶ所にドラッグアンドドロップすると、
トラックバック送信元と、
送信元のエントリのサブジェクト(タイトル)を指定できます。



そして、トラックバックを送りたいブログページの
エントリを指定するか、
トラックバックを送りたいトラックバックサービスURLを指定します。




トラックバックの送り先がブログの場合、
そのブログページのURLをブラウザに表示させた状態で
そのURL入力欄のアイコン部分を
ソフトウェアの指定された部分にドラッグアンドドロップします。



すると、送信先のパーマリンクURLを指定しただけでなく、
送信先のタイトル、ping URLなどを指定できるのです。
これでトラックバック送信先が個人のページであっても
トラックバックスパムであると見なされずに済みます。
これを使うと、ブログを運営しているサーバの負荷を
分散させることもでき、
とくにトラックバック送信先が
たくさんある時は便利なツールです。




■トラックバックスパム
コンテンツの中身を参照せずに、
無作為もしくは機械的な手順によって
トラックバックをする行為を
トラックバックスパムと呼んでいます。
トラックバックスパムを行っているウェブサイトは、
アダルトサイトや商品販売を目的としているサイト、
アフィリエイトの効果を高める為に
行なっているサイトなど、様々です。



中でも被リンクを増やし、
SEO対策の一環として行われることが
一番一般的です。





「トラックバックは、記事参照を通知する為の機能だ」
と考えている人の中には、
その人のウェブページを参照していなかったり、
あるいは参照しているページへのリンクが
貼られていないウェブページからのトラックバックを、
「トラックバックスパム」とみなす人もいます。




トラックバックを打つときは
トラックバックスパムとみなされることのないよう、
十分にマナーを守りましょう。




■トラックバックスパムへの対策
トラックバックスパム対策として、
各ブログサービスは様々な機能を提供しています。
例を挙げると、下記のようなものがある。

★ブログの管理者が承認しない限り、
 トラックバックの結果を表示させない。

★DNSブラックリストやURLブラックリストに
 載っているトラックバックを禁止する。

★特定のURLからのトラックバックを禁止する。

★特定のIPアドレスからのトラックバックを禁止する。

★特定のキーワードを含むトラックバックを禁止する。

★特定の文字コード以外のトラックバックを禁止する。

★慣用では半角英字を禁止する。
 これにより英字トラックバックできなくなります。
 ただし、こちらの昨日は日本語、中国語等のスパムには無力です。

★URLを自動リンクしないか、してもrel=nofollowしておく。

★自動トラックバック用のURLを記述しない
 (当然自動トラックバックできなくなる)

★各種ブログサービスやブログツールが提供する
 ブラックリストプラグインを使用して
 スパムを自動的にスパムリストに移動し
 トラックバックの結果表示を保留する
 (例: Movable TypeのMTBlackListプラグインなど)

★大量にトラックバックを送ってくる
 ウェブサイトなどに対しては、
 ブログサービスを提供している会社がまとめて
 受信拒否したり、
 あるいはそのウェブサイトからの
 トラックバックを削除してしまう場合もあります。




また受信側ではなく送信側への対策としては
以下のようなものがあります。




★誘導先サイト/ページのホスティング運営者に通報

★トラックバック発信元ISPに通報

★アフィリエイトASPに通報



■ トラックバックの意義についての考え方の相違
「どういったケースに、トラックバックをすべきか?」
「トラックバックが認められるのは、どのようなケースか?」
という点については共通認識と言えるものがありません。



また意見の相違を反映してか、
ブログサービスの提供会社の
トラックバックに関するガイドラインもまちまちです。
そのため利用者が自分の考えに基づき
トラックバックを行った時に、
その是非をめぐって論争が起こる事もあります。



この点についてのトラックバックに対する考え方は
主に次の2つに分けられています。

★記事参照通知を重視する考え方。
 「トラックバックとは、『あなたの記事を参照(または引用)して記事を書きましたよ』と伝える ための機能である」という考え方。


 このような考え方を持っている人からは、
 トラックバックをする場合には
 トラックバック先の記事を参照して記事を書いていることが、
 当然の前提とされます。
 また「参照していることを明確にすべきだ」として、
 参照元へのリンク(言及リンク)を貼る事を求めるられることもあります。



★関連性を重視する考え方。
 「トラックバック元の記事は、トラックバック先の内容を参照して作成されている必要はなく、 関連のある記事内容であれば構わない」という考え方。

 

 そのため参照元のリンクを貼る事も
 特に求めないことが多いです。





最後まで読んでくださりありがとうございます。
商材購入事前相談は
メールにて受け付けております。




「流・流め、がんばっとるな。」というあなたの応援が
流・流の励みです^^  くりっくぷりーず♪
ブログランキング・にほんブログ村へ




          日給8万円への第一歩
          ↓  ↓  ↓

    SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート    集まる、売れる、情報起業家のためのインフォストア




        ◆◆超速で稼ぐ秘密見る?◆◆



       情報商材ライブラリーTOPページへ





RSSとは?


ランキングに参加しています。
応援おねがいいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ




あなたは自信を持って答えられすか?
答えられるあなたにこの記事は不要です。



???のあなたは必ず読みましょう。
もう分からない、知らないでは済まされませんよ。




RSSについて調べてみました。
↓↓↓

RSSは、ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称である。


★概要
RDF Site Summary(RSS 0.9とRSS 1.0)
Rich Site Summary(RSS 0.91)
Really Simple Syndication(RSS 2.0)
上記の様に"RSS"という語には、名称の異なる複数の規格が存在しており、それぞれ記述方法や用途が異なるために、多少の混乱が見られる。

日本語サイトでは、普及しているRSSのほとんどがRSS 1.0を用いているため、一般には、RSSはRDF Site Summaryとして認識されている。RDFとはResource Description Framework の略である。

ウェブログでの更新情報の配信として用いられている場合が大半を占めているが、新聞社などのニュース配信サイトでは最新ニュースを、テレビ局・ラジオ局では番組情報を、その他各種企業においてプレスリリースや新製品情報、サポート情報を、RSSを使ったヘッドライン情報として配信する事例も増えている。また、音声データファイルを公開するための方法であるポッドキャスティングにも使われている。

また、RSSに対応しているウェブサイトではRSSに対応していることを明確にするためにや、などの画像が使われていることが多い。


★ RSSフォーマットの歴史と変遷

【RSS 0.9】
最初のRSSであるRSS 0.9は、RDF Site Summaryとして、1999年に米国ネットスケープコミュニケーションズが自社のポータルサイト「My Netscape」において、「チャンネル」の詳細を記すために策定したものである。RDF構文を用いたことから、RDF Site Summaryと呼ばれる。

その後ネットスケープコミュニケーションズはRDF構文の利用を止め、独自のXMLフォーマットを用いて要素を拡張し、よりリッチな情報を提供できるようにしたRSS 0.91を開発した。


【RSS 0.91】
Rich Site Summaryと改名されたRSS 0.91は、RSS 0.9に要素を拡張する目的で作られた。RDFを用いず、独自のXMLで記述される。

UserLand SoftwareのScriptingNewsから著作権、日付情報などいくつかの要素を取り入れ拡張された。それまでのRSS 0.9より多くの情報を配信できるようになったため、Rich Site Summaryと呼ばれ、その後派生したRSS 0.92, RSS 2.0のベースとなっている。

RSS 0.91の登場以降、RSSが持つ「コンテンツ配信」機能に対しての需要がさらに高まった。そのためよりリッチなコンテンツ配信を目指そうとする制作者が、独自の要素をRSSに追加してしまうなど、フォーマットの拡張における混乱がおこることとなった。


【RSS 1.0】
こうした混乱のなかで、RSSでよく使われる語彙や使われる要素群を「コア」として定義し、それ以外は拡張する側が独自の語彙を「モジュール」として定義することで、中核語彙と拡張性を保証させようとする提案がRSS-DEVワーキンググループ内で起こり、その成果として2000年12月にRSS 1.0がリリースされた。

RSS 1.0は0.9時代につかわれていたRDFを再び採用し、RSSが持つ「メタデータ記述」としての側面を主眼に置いたフォーマットとなっている。

また、RSSコアモジュールの他に公式なモジュールとして、Dublin Coreモジュール、Syndicationモジュール及びContentモジュールが定められた。これによりRSS 0.9の不満であった語彙の乏しさを解消させ、またコンテンツ配信手段としてRSS 1.0を採用する道を残すものとなった。

RSS 1.0の登場は、(メタデータ記述技術としての)RSSの中核語彙及び拡張性を保証するとものとなった。しかしRDFを再び採用したこと、モジュールによるXML名前空間の複雑化はすべてのRSS配信者を満足させず、RSS 0.91系のフォーマットを拡張する動きが再びみられることとなった。


【RSS 0.92 / RSS 2.0】
RSS 1.0の取る道は必ずしも誰もが好むものではなかった、とはいえRSS 0.91以降に起きていたフォーマット拡張の混乱は避ける必要があった。そのため拡張をオプションとして提供し、かつRSS 0.91への互換性を持たせる方法が提案され、それを受けて2000年12月にUserLand SoftwareからRSS 0.92が発表された。

UserLandはその後も互換性を維持したままRSS 0.93, RSS 0.94という拡張を続けたが、2002年8月にRSS 0.91からRSS 0.94までのすべてのフォーマットに対する互換性を保証したRSS 2.0を策定し、これをReally Simple Syndicationと名付けた。

RSS 2.0はあくまで0.9x系の流れを汲む規格であって、RSS 1.0の後継ではない。それぞれの目指す方向性は同じではないため、場面に応じて使い分けられている。

2003年7月に、RSS 2.0制定の中心人物、デイヴ・ウィナー(Dave Winer)の移籍と併せ、仕様もハーバード大学ロースクールのバークマンセンターに移管された。





★ 今後の展望
RSS 1.0とRSS 2.0の関係について、バージョンを表す数値の大小関係から、前者が旧規格で後者が後継規格であるという誤解が見受けられるが、これは事実ではない。RSS 2.0はシンプルさの代償としてRSS 1.0の備える(RDFによる)強力な表現力を放棄したため、RSS 1.0を置き換えるものではない。従ってRSS 1.0は場面に応じて今後も継続利用されていくと目される。

一方、RSS 2.0に代わるコンテンツ配信技術として、IBMのSam Rubyなどが中心となり、Atomと呼ばれる新しい規格が策定された。Atomにはウェブログ・ツール「ムーバブル・タイプ」(Movable Type)の開発元のSix Apart社やスタンフォード大学法学部のローレンス・レッシグ教授、XML開発者のTim Brayなどが支持を表明し、またGoogleも自社のサービスGmailにて、メールの内容をAtomフィードで提供するサービスを行っている。新しいフィード技術Atomと、現行のRSSとの対立によりさらなる混乱が予想される。


★ なんでもRSS
なんでもRSSというサービスを利用するとRSSに対応していないサイトの更新情報をフィードの形で確認することができる。


★ RSSの利用
RSSの取得・購読にはRSSリーダー(フィードリーダーとも)と呼ばれるソフトウェアを使う。また、RSSを作成・追加するためのソフトウェアもあるが、比較的シンプルなXML形式なので手作業でも可能である。


★関連項目
Resource Description Framework(RDF)
フィード
Atom
フィードリーダー
なんでもRSS
XML



★アフィリエイト最新情報をチェックしよう



おおおぉ~
すごいですね~


全部読まれました?
これでガッツリ理解できたことでしょう。



の、はずありませんよね。
私ならこれだけ文字がずらーっと並んでいる文章は
はじめから読みません(汗)



読んだとしても完全なる斜め読みです。
理解しようという気持ちは
この、文字がずら~ で、
あっけなく吹っ飛びます(汗)



きっとあなたも私と同じ穴のムジナ。
勝手に決めるな!という声はこの際無視します(笑)




この理解力に乏しいと自他ともに認める
わたくし、流・流が
とんでもなく間単に、
そう、流行の「猿でもわかる」ように説明してみたいと思います。




これで理解できなければ
ちょっとヤバイですよ(笑)




では、いきます。
ちょっと長くなりますお付き合いください。



RSSというのは、




サイトの更新情報を公開する機能のことで、
ユーザーはこれによりお気に入りのサイトが、
更新されたときに、




「更新されました。」
という情報を受け取ることができる優れものです。




インターネットユーザーにとっては
とても便利なシステムですね。




そして、このRSSを攻略することは、
私たちブログ運営者にとっても
大変意味のあることなのです。




超爆裂!大逆転アフィリエイト」の著者でもある
インフォ侍さんも、
爆転」の中でその重要性について
書かれています。




RSSRSSリーダーというツールにより
知りたいサイトの更新情報を受け取ることができます。




知りたいサイトの最新情報が知りたいなんて、
あなたのブログの大ファン以外の何者でもありません。




あなたの大ファンですから、
そこから来るアクセスは、いわゆる
『濃いアクセス』ということになります。




また、
あなたがこのツールを使う立場でも
もちろんメリットはあります。




知りたいブログの更新情報が分かっていれば、
コメント回りで訪問した際、




更新がまだというブログに
出会ってしまうことがなくなります。




こういうブログに出会ってしまったら、
また時間を見計らって




再度訪問するという手間が省けます。
これだけでコメント回りの時間を
短くできるわけですね。




また更新情報がいち早く分かれば
コメントに一番乗りできる可能性が高くなりますね。
一番乗りということは
人目につきやすいということです。




この後のことは全てを語らずとも
お分かり頂けると思います。
これだけでも私なら登録します。




RSSリーダーは濃いアクセスを
引っ張ってきてくれますから、





あなたのサイトのRSS
他のサイトが貼り付けてくれていたら、





そのサイトからも
濃いアクセスが期待できるようになります。




このようにRSSには、
限りない可能性が隠されているのです。



頭の中がグルグルしてきたあなたのために・・・。




RSSとは、

次世代型の“お気に入り”機能です。





最後まで読んでくださりありがとうございます。
商材購入事前相談は
メールにて受け付けております。




「流・流め、がんばっとるな。」というあなたの応援が
流・流の励みです^^  くりっくぷりーず♪
ブログランキング・にほんブログ村へ




          日給8万円への第一歩
          ↓  ↓  ↓

    SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート    集まる、売れる、情報起業家のためのインフォストア




        ◆◆超速で稼ぐ秘密見る?◆◆



       情報商材ライブラリーTOPページへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。